サクラマスのフィッシングパーク



自然体験 サクラマスとヤマメの釣り堀

釣り堀は、波帰川の水を引き入れて、自然の川そのままに水を流した池です。放流魚は、山女魚とみやざきサクラマスです。サクラマスは、800gから1.5kgの大型魚です。入漁料はお1人様1,500円で、料理旅館「えのはの家」のフロントにお申し込みください。つり竿と餌、魚かご、タモ網を貸出します。釣竿や餌はご自分のものを持ち込んでもかまいません。入漁証を胸に吊り下げ表示しながら釣りを楽しんでください。
釣上げた魚は500gまで無料でお持ち帰り頂けます。500gを超える分は、100g当り250円でお買い上げ頂きます。釣れない場合は、フロントに撒き餌を申し込んでください。撒き餌で魚を集めてそこへ練り餌をつけた釣り針を投げ込むと必ず釣れます。ただし、餌を取られますので魚と知恵比べをお楽しみください。一度釣りあげた魚は、池に戻すことはできません。すべてお買い上げいただきます

釣り方
餌は、練り餌です。小指の先位の大きさにちぎり取って親指と人差し指の先でぐるぐると丸めて1.5センチ位に伸ばし、釣針に沿って当てて、釣り針を押し込みます。できるだけ針が餌の中から見えないようにうまく包み込んでください。これで準備OKです。次に竿を振りながら反動をつけて釣り針を池の中ほどに投げ込みます。
この時、ヤマメは、「おやっ、餌かな?」と水面に落ちた釣り針に関心を持ちます。さっと落ちた釣り針の方へ動く魚がいたら間違いなく餌を食べようとして行動を起こしていますので、一呼吸おいたらすかさずさっと竿を立ててみてください。この時、ぐぐっと竿に反応が来たら釣れています。

長く水中に釣り針を垂らしたままで、魚が呑みこんでしまってから引き上げるのは釣りの邪道です。針を深く呑みこませてから釣り針をはずそうとすると、なかなか針は外れません。魚も苦しみます。針が口の端にかかった状態で釣りあげると針をはずすのも楽に取れ、魚も苦しみません。
魚を獲るという行動は、人間が生きてうえになくてはならない長い歴史の中で培われた本能的な行為です。魚が釣れた時の喜びが全身によみがえります。
釣り上げた魚は、釣り堀近くの小屋に秤と筆記具、ビニールの袋を備えてありますので、釣魚をビニール袋に移して秤で重量を測り、入漁証の裏面に記入計算してフロントで精算してください。自己申告制度をご利用ください。
計算の終わった魚は、持ち帰りの場合には発泡スチロールの容器に氷と魚を詰めて持ち帰りください。スチロールは別料金となります。釣魚をバーベキューでお楽しみの場合は、バーベキューセット(炉、木炭、着火剤、竹串、塩)を500円で貸出しております。また、「えのはの家」では、1尾50円で塩焼きをして差し上げます。サクラマスの場合は刺身がベストですが、大きさや盛り付け皿により料金が変わりますのでフロントでご相談ください。

Copy RightH.akimotoSince 2014